日本拳法四恩会 スポーツ吹矢四恩会 四恩会は、日本拳法協会理事長・主席師範、猪狩元秀が日本拳法伝承とスポーツ吹矢の普及を目指して、新たに開設した道場です。

四恩会道場会主 猪狩元秀と、若き日のWKA世界ミドル級チャンピオン猪狩元秀


四恩会道場からのお知らせ

【 季節のご挨拶 】

2022.7.1(金)

盛夏の候、もう梅雨が明けました。未だ、6月だと言うのに厳暑の日々が続いております。会員の皆様、如何お過ごしでしょうか。

水不足(ダムの貯水量が心配)、物価高、熱中症、新型コロナウイルス感染に対処願います。

東京都の6月の新型コロナウイルス感染者数は2000人前後の高止まりでしたが、6月29日(水)は3803人と増え始めました。
7月、8月に又、政府、東京都の緊急事態宣言、蔓延防止等重点措置が発令されなければ良いのですが・・・・・。

飛沫感染が心配の為、稽古中は未だマスクを着用して頂いておりますが、厳暑の中、非常に苦しいと思います。
マスクが汗で濡れると呼吸がし辛くなりますので、替えのマスクを3枚程(使用済のマスクを入れるビニール袋も)、持参し、交換して下さい。
又、熱中症予防の為、スポーツドリンク、タオル(水で濡らして身体を拭き、気化熱で身体を冷やす為)を持参して頂き、マスク着用は酸素不足になりますので、稽古中に仰臥(ぎょうが:仰向けに寝る事)での三・五・九呼吸法(初めに三:吐氣。以下繰り返す。三:吸気、五:待氣、九:吐氣を10回後、三:吸気)を行います。

呼吸の呼は息を吐くと言う意味でもあり、呼吸は吸って、吐くのではなく、字の如く、「吐いて、吸う」と言う意味ですので、最初は吐氣(口から吐く)して、吐き切る(腹を目一杯へこませ、肛門を目一杯締める)と吸氣(鼻から自然に空氣が入って来ます。スポイトの原理)出来ます。これが腹式呼吸です。
全ては心身の健康の為です。

・—・—・—・—・—・—・—・—        

今回も前回、前々回と説明してきた「理念と十法」は一般社団法人 日本拳法協会会員にとって最も重要な訓えですので、今月もこの訓えを復習して頂きたいので再々度掲載致します。
小職は会員に日本拳法(武徳教育)を通じて、この訓えを指導しております。

吾が協会の理念:吾等の信条(自力正道 陽気報徳:じりきしょうどう ようきほうとく)、道場訓、座学(先人の訓えを指導)、日本拳法五法、日本拳法稽古五法を日々、稽古する事により積小為大(せきしょういだい:小を積み、大と為す)を実感させております。
苦有れば、楽有り。


< 理念 >
吾等の信条
自力正道:日本拳法の修行を通じて、強く逞しい心身を養い、正しい道を歩む事。
陽気報徳:清く、明るく、直き心をもって、四恩(天地国土、父母師友、衆生、物)に感謝し、世の為、人の為に尽くす事。


<道場訓>
一、 志を立てよ:自分を育てるのは自分である。強く正しい人間になる為には、自ら進んで自分を鍛えよう。

二、 氣を振るえ:人生は全てに勝つ事である。誘惑に勝ち、苦難に勝ち、自分に打ち勝つ根性を養おう。

三、 学に勉めよ:物を学ぶ事は人間として成長する為である。学問、技能の習得を通じて、道徳心を磨き、人格を高めよう。

四、 稚心を去れ:他人に甘え頼る事なく、独立独行の精神を尊重し、自分の足で歩ける人間になろう。

五、 交友を選べ:軽薄な人間は友とするに足りない。勇氣と根氣、和敬の心を備えた礼儀正しい人間を友として選ぼう。


< 十法 >
日本拳法五法
一、 作法 :①礼 ②身嗜み ③立ち居振る舞い

二、 呼吸法:三五九呼吸法 ①三(吸氣) ②五(待氣) 
 ③九(吐氣)

 礼呼吸法 ①三(吐氣) ②三(吸氣) ③三(吐氣) 
 氣合 形に於いて 「掛かり」はエイ(鋭く)。
 「応え」はヤー(矢の如く)、トー(倒す)。 

 稽古時:頭人の号令にて1からエイ、ヤー、トーを
 繰り返し、又、1からエイ、ヤー、トーを繰り返す。

   
三、 歩法 :足捌き(摺り足が基本)①寄り足前進・後退 
 ②左右寄り足 ③廻り込み前進・後退 ④継ぎ足前進・後退
 ⑤替え足前進・後退 ⑥左右替え足 ⑦左右踏み替え 
 ⑧転開


四、 攻撃法:当て身技三法 ①突き(直) ②打ち(円) 
 ③蹴り(直・円)

 組討ち技二法 ①投げ:足脚技(足払い、刈り倒し、
 膝搦み、支え足払い、蹴取り大内刈り、挟み倒し、
 体落し、河津掛け)

 腰技(腰投げ、抱え込み払い、内投げ、篭手車、十字投げ)
 手技(追手刈り、俵返し、巻落し、手払い、合わせ倒し、
 抱え投げ、捻り倒し、虚車)

 肩技(肩車、一本背負い)
 捨て身技(巴投げ、抱え捨て身)
 ②逆 (手首、肘、肩関節)

五、 防御法:相手の攻撃に対する防御方法
 ①受け身 ②受け手 ③捌き ④躱し ⑤止め受け


<日本拳法稽古五法>
一、 基本 :基本技術の修得。
二、 形  :基本技術を応用した攻撃法、防御法の修得。
三、 想乱撃:相手を想定した基本、形の応用。
四、 空乱撃:対峙した相手との、空撃による想乱撃の応用。
五、 実乱撃:互いに防具を着装しての、実撃による乱撃。

一般社団法人 日本拳法協会の「理念と十法」を確実に修得し、日常生活に役立てて、幸せな人生を歩んで頂く事を願っております。

                 招福合掌

一般社団法人 日本拳法協会
副会長・主席師範
四恩会 会主  猪狩 元秀

 

*今後、新型コロナウイルスの感染拡大による政府、東京都の緊急事態宣言、
蔓延防
止等重点措置等発令時は、感染予防対策の為、残念至極ではありますが、
発令日より
休場致します。


予め、ご報告致します。

 四恩会道場 7月稽古日のお知らせ 

子供の部(稽古日数4回)
令和4年7月6日 (水)17:00~19:00
    7月13日(水)17:00~19:00
    7月20日(水)17:00~19:00
    7月27日(水)17:00~19:00

大人の部(稽古日数5回)
令和4年7月2日 (土)15:00~17:00
    7月9日 (土)15:00~17:00
    7月16日(土)15:00~17:00
    7月23日(土)15:00~17:00
    7月30日(土)15:00~17:00

                           招福合掌

 目黒・立源寺道場 7月稽古日のお知らせ 

(7月の稽古日数4回)
令和4年7月10日(日)15:00~17:00
    7月17日(日)15:00~17:00
    7月24日(日)15:00~17:00
    7月31日(日)15:00~17:00

                           招福合掌

 

道場生募集 猪狩元秀

【道場生募集】

日本拳法を始めてみたいという全くの初心者の方から、経験者有段者まで、幅広く受付しております。
見学だけでも歓迎致しますので、お気軽にお問い合わせください。


四恩会道場 募集要項

【道場改修完了のお知らせ】

2013.2.17(日)

お陰様をもちまして、道場の改修工事が無事終了いたしました。
ご協力頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。
改修後の様子を写真集ページに掲載致しましたので、ぜひご覧下さい。
道場の写真へ >>

【道場開き】

2011.6.11(土)
p1010006.jpg p1010024.jpg 00181.jpg 00186.jpg
お陰様をもちまして、四恩会道場開きを執り行う事が出来ました。
ご出席いただいた皆様、日頃からご支援ご協力いただいて居ります皆様に、
心より御礼申し上げます。
招福合掌 四恩会 会主 猪狩元秀
道場開きの詳細
■道場開設のご案内PDFダウンロードはこちらから>【クリック】

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会の理念】  
  四恩によって生かされている事を認識、感謝し知恩報恩する事が「人として生きる基本理念=魂」を磨く事になり、日本拳法<理念:自力正道 陽気報徳>の稽古を通じて、この先人、先達の訓えを伝播する事が武道の真髄「心・技・体」一如に繋がると確信しております。

 

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会道場五訓】
  日本の長い歴史の中で育まれて来た「日本文化三要素」
一、共生の思想 二、異文化の咀嚼力 三、縦軸の伝統文化が勤勉な日本人を造り出した。
「和」「誠」「夢」「努力」「愛」の五訓は吾が父が先人の幾多の訓えの中から息子(小職)に
「この様に生きろ」と伝えた訓えです。少しでもこの訓えに近づこうと努力をさせて頂いたお陰で
現在も幸せに生かさせて頂いております。四恩会の会主として道場生にも日本拳法を通して
「より幸せな人生」を歩んで頂きたいとの念いで
「四恩」「四恩会道場五訓」「先人の幾多の訓え」をこれからも伝えて参ります。         

                                        感謝合掌

お知らせ/予定表バックナンバー 2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年