日本拳法四恩会 スポーツ吹矢四恩会 四恩会は、日本拳法協会理事長・主席師範、猪狩元秀が日本拳法伝承とスポーツ吹矢の普及を目指して、新たに開設した道場です。

四恩会道場会主 猪狩元秀と、若き日のWKA世界ミドル級チャンピオン猪狩元秀


四恩会道場からのお知らせ

【 季節のご挨拶 】

2021.6.15(火)

梅雨の候、じとじとと肌に纏わり付く鬱陶しい季節になりましたが、夏の暑さを乗り越える貯水ダムにも、作物の成長にも貴重な雨です。
6月21日(月)は二十四節氣の「夏至(げし:昼の長さが最も長くなる)」です。
鬱陶しい雨にめげず、止まない雨はないことを信じ、太陽の光(いがり? ひかり)を待ちましょう。
四恩に生かされている事に感謝しましょう。

令和2年12月1日より新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、道場を休場して、早や7か月半が過ぎました。
会主として誠に申し訳なく思っております。
道場から絶対に感染者を出したくありません!
これも国民としての自覚、責任、義務かと認識しております。
政府、東京都の指示を無視して個人個人が個を通せば、自ずと悪い結果が出てきます。
それが1年半もの間、コロナ禍に苦しんでいる現状でもあります。
政府、東京都の政策も解らんでもないのですが・・・・・。
稽古再開の件ですが、東京都の緊急事態宣言は6月20日(日)迄の予定ですが、現在では延長か解除か蔓延防止等重点措置になるかは解りませんが、国民、都民として政策の発令に従うしかないと思います。
6月末の政策の発令により稽古再開か休場かを判断致します。
一人稽古をもう少し継続して下さい。

私事で恐縮ですが、ワクチン接種は1回目6月5日(土)終了、2回目6月26日(土)予約済です。
因みに現在、5年後、10年後、20年後の治験者はいないので・・・・・。
「病より病を恐れる心が怖い」
「人生明るく、生き(行き)ましょう」
「人生すべて、感謝なり」

今回は気合について記します。
氣合
氣合とは
 (1) 精神を集中させて、事に当たる時の氣持ちの勢い。
  又、その時の掛け声。
 (2) 呼吸、息
 (3) 氣性
 (4) 心持ち、氣力
日本拳法協会では形において、氣合を種別しております。
 掛かり:エイッ(鋭く)
 応え :ヤー (矢の如く)
    :トー (倒す)
掛かりとは攻撃する者。
応えとはその攻撃を無力化して反撃する者。

何故、氣合を入れるのか。
上記の(1)〜(4)を引き出して、より撃力を高める為です。
例えば、火事場の馬鹿力と言う事を聞いた事があると思います。
普段、持てない重い物も火事と言う緊急時には持ち出さなければならないと思う氣持ちが人間の潜在能力を引き出し、氣力が湧いてきて持てないものが持てる様になります。
戦いも同じです。
氣合によって、人間の潜在能力を引き出し、氣力が高まり、身心を作動させるのです。氣は原動力なり。
裂帛の氣合(れっぱくのきあい):
 (1)帛(きぬ)を引き裂く音。
 (2)激しい掛け声や女性の悲鳴の例え。
 (3)ホトトギスの鳴き声。
この裂帛の氣合により、人間の潜在能力を引き出し、氣力が高まり、心身の作動をより高めるのです。

初心者は最初からこの裂帛の氣合を出す事は難しいので、腹式呼吸で口から息を吐き切り、腹を目いっぱいへこませ(吐氣3秒)、鼻から空氣を吸い込み、目いっぱい腹を膨らませ(吸氣3秒)、下腹部(臍下丹田せいかたんでん:臍(へそ)の下辺り(したあたり)を言う。又、全身の精氣の集まる所とされる)に溜まった空氣を口からゆっくり吐き切る(吐氣9秒)稽古をし、慣れて来たら、吐氣を9秒掛けないで、腹に溜まった空氣を一気に吐き出す稽古を行い、慣れて来たら、エイッ、ヤー、トーと氣合を入れていき、それに慣れて来たら、段々、大きな氣合を出して行く。

基本稽古でも当身技の号令時に10本稽古するとして
(1)エイッ (2)ヤー (3)トー (4)エイッ (5)ヤー (6)トー (7)エイッ (8)ヤー (9)トー (10)エイッ
又、(1)から(1)エイッ (2)ヤー (3)トー・・・(10)エイッと繰り返す。
この稽古を毎回行うと日数は掛かるが裂帛の氣合が出る様になります。
それほど日数を掛けずに裂帛の氣合を出せる者もいます。

「稽古は嘘を付かない」
氣合は幅があり、短い程良く、意識せず体中から迸り出るものが一番良い氣合です。
最上の氣合は無声が極であり、達人の域である。
裂帛の氣合を目指し、日々、稽古に励んで下さい。
(四恩会道場では気は氣と書いております)

招福合掌

一般社団法人 日本拳法協会
副会長・主席師範
四恩会 会主   猪狩 元秀

道場生募集 猪狩元秀

【道場生募集】

日本拳法を始めてみたいという全くの初心者の方から、経験者有段者まで、幅広く受付しております。
見学だけでも歓迎致しますので、お気軽にお問い合わせください。


四恩会道場 募集要項

会主 猪狩元秀からの連絡事項 / 四恩会 猪狩元秀道場 掲示板

【道場改修完了のお知らせ】

2013.2.17(日)

お陰様をもちまして、道場の改修工事が無事終了いたしました。
ご協力頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。
改修後の様子を写真集ページに掲載致しましたので、ぜひご覧下さい。
道場の写真へ >>

【道場開き】

2011.6.11(土)
p1010006.jpg p1010024.jpg 00181.jpg 00186.jpg
お陰様をもちまして、四恩会道場開きを執り行う事が出来ました。
ご出席いただいた皆様、日頃からご支援ご協力いただいて居ります皆様に、
心より御礼申し上げます。
招福合掌 四恩会 会主 猪狩元秀
道場開きの詳細
■道場開設のご案内PDFダウンロードはこちらから>【クリック】

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会の理念】  
  四恩によって生かされている事を認識、感謝し知恩報恩する事が「人として生きる基本理念=魂」を磨く事になり、日本拳法<理念:自力正道 陽気報徳>の稽古を通じて、この先人、先達の訓えを伝播する事が武道の真髄「心・技・体」一如に繋がると確信しております。

 

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会道場五訓】
  日本の長い歴史の中で育まれて来た「日本文化三要素」
一、共生の思想 二、異文化の咀嚼力 三、縦軸の伝統文化が勤勉な日本人を造り出した。
「和」「誠」「夢」「努力」「愛」の五訓は吾が父が先人の幾多の訓えの中から息子(小職)に
「この様に生きろ」と伝えた訓えです。少しでもこの訓えに近づこうと努力をさせて頂いたお陰で
現在も幸せに生かさせて頂いております。四恩会の会主として道場生にも日本拳法を通して
「より幸せな人生」を歩んで頂きたいとの念いで
「四恩」「四恩会道場五訓」「先人の幾多の訓え」をこれからも伝えて参ります。         

                                        感謝合掌

*会員の皆様へ
3度目の緊急事態宣言下に「緊急事態宣言の延長」(〜 6月20日)が
発令されま
した。
 1, 不要不急の外出はしない。
 2, 三密を避ける。
 3, 万全な感染予防対策を行う。
を日本人としての自覚、責任、義務をもって実行して下さい。

【 四恩会道場 6月休場のお知らせ 
令和3年6月1日(火)〜 6月30日(水)
*緊急事態宣言の延長が発令されましたので、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、
残念至極ではありますが休場致します。
                           招福合掌

【 目黒・立源寺道場 6月休場のお知らせ 
令和3年6月1日(火)〜 6月30日(水)
*目黒・立源寺道場 指導責任者 妹尾 拓海(せのお たくみ)二段 指導員より
上記の連絡を頂きましたので、お知らせ致します。
                           招福合掌

7月の稽古は6月末までの感染状況を判断して、7月1日(木)の四恩会ホームページに掲載致します。
                          招福合掌

お知らせ/予定表バックナンバー 2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年