日本拳法四恩会 スポーツ吹矢四恩会 四恩会は、日本拳法協会理事長・主席師範、猪狩元秀が日本拳法伝承とスポーツ吹矢の普及を目指して、新たに開設した道場です。

四恩会道場会主 猪狩元秀と、若き日のWKA世界ミドル級チャンピオン猪狩元秀


四恩会道場からのお知らせ

  四恩会道場 ホームページ更新回数の変更のお知らせ  

今までホームページ更新は月2回(毎月1日 / 15日)更新をして参りましたが、週2回の
稽古に戻る(コロナ禍の収束宣言発令)まで、今月令和3年9月より
月1回(毎月1日)の更新となります。
予めご報告申し上げます。

招福合掌

[会主からの連絡事項] [四恩会道場 掲示板]」がトップページの「季節のご挨拶」欄の下段に設定されています。
[会主からの連絡事項]をクリックすると会主から会員の皆様に緊急にお伝えしたい連絡事項が掲載されますので、稽古前、事前に確認して下さい。

例:急に道場を休場する時等。
[四恩会道場 掲示板]は会員の皆様から会主への伝言、会員同士の掲示板に
使用して下さい。

招福合掌

【 季節のご挨拶 】

2021.10.1(金)

中秋の候、木の葉が色付き始め、秋の気配が深まって来た今日この頃、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、
会員の皆様に於かれましては益々、ご清祥の事とお慶び申し上げます。

やっと、緊急事態宣言が解除となり、稽古を始める事が出来る様になりました。
が、緊急事態宣言下、蔓延防止等重点措置下と同様に万全な感染予防対策を行い、

子供の部(水曜日のみ)17:00〜19:00 
大人の部(土曜日のみ)15:00〜17:00
週1回の稽古を行います。

令和2年は4ヵ月間(4月、5月、8月、12月)、令和3年は9ヵ月間(1月〜 9月)、合計すると1年1か月間の休場でしたので、修得して来た「心・技・体一如」の実行は如何ばかりかと心配しております。

ワクチン接種の成果、国民の自粛等で感染者数は激減して来ましたが、コロナウィルス禍が収束した訳ではありません。
2回のワクチン接種をした人でも感染しており、今後、3回目のワクチン接種をするのではと考えられます。
今後も強いウィルスに変異して、第6波、第7波は続くと考えられます。
因みに小職は6月までに2回目の接種を終了し、又、毎年、接種しているインフルエンザワクチンを、10月中に接種する予定です。
自分の身体は自分で守る。
政府、東京都がコロナ禍の「収束宣言」を発令するまで、万全な感染予防対策を行いながら、週1回の稽古を続けて参ります。
が、又、緊急事態宣言、蔓延防止等重点措置が発令されれば、止む無く、休場となります。

絶対に道場から感染者を出さない。
ご協力の程、お願い申し上げます。

要は今後もコツコツと心・技・体一如を積小為大して、「自力正道 陽気報徳」を実践出来る様、己を磨いて行く事が必要かと認識しております。

人間は稽古しないと実行出来ない定めです。
「稽古は嘘を付かない」
遣り続ける事で修得出来ます。

今回は子供の部に「入会してから10級受験」までの審査内容の1つの「挨拶」を復習します。
一般社団法人 日本拳法協会の目標は「日本拳法五法」の修得です。


1. 作法 :(1)礼儀 (2)身嗜み (3)立ち居振る舞い。
2. 呼吸法:基本は三、五,九呼吸法。
3. 歩法 :基本は摺り足。
4. 攻撃法:当身技三法 (1)突き (2)打ち (3)蹴り、 組討ち技二法 (1)投げ (2)逆
5. 防御法:(1)受け身 (2)受け手 (3)捌き (4)躱し (5)止め受け


何故、作法が最初にあるのでしょうか。
人間社会に於いて、人の間には作法が無ければ、争い事等が多々起きます。
例:・此方が挨拶をしても、相手が無視すれば人間関係は成り立ちません。
  ・人の物を盗めば犯罪者になります。
作法の励行が世の中を幸せにします。

四恩会道場の訓えの1つに「日常心得五訓」があります。
(1) 感謝の心 心形一如 
(2) 気持ちの良い挨拶返事 
(3) 後片付けは氣持ち良く 
(4) 時間は厳守 
(5) 大切なお金は計画的に。
やはり、人間社会には上記の様な心得が必要なのではないでしょうか。

挨拶に戻ります。
入会から10級受験までに
朝     :おはようございます。
昼     :こんにちは。
夜     :こんばんは。
家を出る時 :行ってきます。


道場に入る時:おはようございます(朝)、こんにちは(昼)、こんばんは(夜)
(玄関で万全な感染予防対策を行う。)
道場を出る時:さようなら。
帰宅時   :ただいま。
食事前   :いただきます。
食後    :ご馳走様でした。
寝る前   :お休みなさい。

上記を直立正体から礼をして、気持ちの良い挨拶、返事を何回も稽古させます。
「挨拶をするのが恥ずかしい、から、挨拶が出来ないと恥ずかしい」に進化させております。
会員の皆様、これを実行出来ない事が「恥ずかしい」のです。

感謝の心 心形一如

招福合掌
一般社団法人 日本拳法協会
副会長・主席師範
四恩会 会主  猪狩 元秀

道場生募集 猪狩元秀

【道場生募集】

日本拳法を始めてみたいという全くの初心者の方から、経験者有段者まで、幅広く受付しております。
見学だけでも歓迎致しますので、お気軽にお問い合わせください。


四恩会道場 募集要項

会主 猪狩元秀からの連絡事項 / 四恩会 猪狩元秀道場 掲示板

【道場改修完了のお知らせ】

2013.2.17(日)

お陰様をもちまして、道場の改修工事が無事終了いたしました。
ご協力頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。
改修後の様子を写真集ページに掲載致しましたので、ぜひご覧下さい。
道場の写真へ >>

【道場開き】

2011.6.11(土)
p1010006.jpg p1010024.jpg 00181.jpg 00186.jpg
お陰様をもちまして、四恩会道場開きを執り行う事が出来ました。
ご出席いただいた皆様、日頃からご支援ご協力いただいて居ります皆様に、
心より御礼申し上げます。
招福合掌 四恩会 会主 猪狩元秀
道場開きの詳細
■道場開設のご案内PDFダウンロードはこちらから>【クリック】

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会の理念】  
  四恩によって生かされている事を認識、感謝し知恩報恩する事が「人として生きる基本理念=魂」を磨く事になり、日本拳法<理念:自力正道 陽気報徳>の稽古を通じて、この先人、先達の訓えを伝播する事が武道の真髄「心・技・体」一如に繋がると確信しております。

 

四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩四恩(しおん) 一、天地国土の恩 二、先祖父母師友の恩 三、衆生の恩 四、物の恩
  【四恩会道場五訓】
  日本の長い歴史の中で育まれて来た「日本文化三要素」
一、共生の思想 二、異文化の咀嚼力 三、縦軸の伝統文化が勤勉な日本人を造り出した。
「和」「誠」「夢」「努力」「愛」の五訓は吾が父が先人の幾多の訓えの中から息子(小職)に
「この様に生きろ」と伝えた訓えです。少しでもこの訓えに近づこうと努力をさせて頂いたお陰で
現在も幸せに生かさせて頂いております。四恩会の会主として道場生にも日本拳法を通して
「より幸せな人生」を歩んで頂きたいとの念いで
「四恩」「四恩会道場五訓」「先人の幾多の訓え」をこれからも伝えて参ります。         

                                        感謝合掌

【 四恩会道場 稽古再開のお知らせ 
子供の部 10月(4回の稽古)
稽古日:令和3年10月6日 (水)17:00〜19:00
        10月13日(水)17:00〜19:00
        10月20日(水)17:00〜19:00
        10月27日(水)17:00〜19:00

大人の部 10月(5回の稽古)
稽古日:令和3年10月2日 (土)15:00〜17:00
        10月9日 (土)15:00〜17:00
        10月16日(土)15:00〜17:00
        10月23日(土)15:00〜17:00
        10月30日(土)15:00〜17:00

会費:通常の半額(週1回の為)
   新しい月謝袋に入れて納入して下さい。

来場時の約束
1. アルコール消毒
2. 検温
3. 充分な手洗い(石鹸使用)
4. マスクの着用
5. 補給用水分
6. 手、汗拭き用タオル
責任をもって必ず行って下さい。
                           招福合掌

【 目黒・立源寺道場 休場のお知らせ 
令和3年10月1日(金)〜 10月31日(日)
*目黒・立源寺道場 指導責任者の妹尾指導員がワクチン接種2回目を10月2日
(土)に行います。
接種後2週間経過後から稽古を再開出来ますが、会員の皆様のワクチン接種が完了したか、未だ分からない状況なので、目黒・立源寺、檀信徒の方々にご迷惑をお掛けしない為
にも、上記の期間、休場と致します。
*今後、緊急事態宣言、蔓延防止等重点措置が発令されなければ、石井住職と
相談の上、11月から稽古を再開したい。
と妹尾指導員から連絡がありましたので、掲載致します。
                           招福合掌

お知らせ/予定表バックナンバー 2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年